一人暮らし 費用で救われた感じ

ふむ、話は分った。「早く一人暮らし 費用、援助頼むぜ!本当、切迫して...家賃すら払えん状況!マジで路頭へ彷徨う羽目に...無理。絶対、きつ過ぎ」

今は十二月。夜は冷え込み、恐らく道端で眠れば、免れんだろうな。「冗談きついぜ!」冗談?真面目さ、大真面目。私、結構本気。

「本気?勘弁、息子だぜ?息子を凍死、餓死させる親、何処に?」此処。「馬鹿!一人暮らし 費用をくれよ」あっさり無心とは。本当、落ちぶれた奴め。

「畜生、いずれ返す!な?今月、色々と入用でさぁ、頼むぜ!な、ほら...多少は...」分った、もう無理だ。「へ?」

今迄何度もお前を救う為、一人暮らし 費用を援助してきたが、金輪際渡さぬ。「薄情な事を!骨肉の縁を、易々切られてたまるかってんだ!」

うるさい!三十路間近なくせして、成長せぬ貴様に、これ以上甘い顔出来ぬ。

「うぅ。親父が...とーとー俺を見放す気でいやがる」一人暮らし 費用位、自分で稼げ!「お断り!」馬鹿者めっ!「ふん!」強情な奴!